くらし

【みつろうクリーム】ボロボロのテーブルをワックスがけで再生

 

あるYouTuberさんのチャンネルで、テーブルのお手入れアイテムとして紹介されていた「みつろう(蜜蝋)クリーム」。

我が家のオーク材でできたダイニングテーブルもかなりボロボロになっていて、そろそろ買い換えようかと思っていたんですが、結構値段がするものだし思い入れもあるし…

 

管理人
ダメもとで、管理人もみつろうクリームでお手入れしてみよう!

 

ということで、Amazonで「天然 国産みつろうクリーム 木工用」というものを買って、ダイニングテーブルのワックスがけを試してみることにしました。

 

みつろうクリームとは?

 

みつろう(蜜蝋)とは、ミツバチの巣を溶かして不純物を取り除いた成分のこと。
そして、このみつろうに植物の油などを混ぜてつくられるのが「みつろうクリーム(みつろうワックス)」です。

みつろうクリームは、主に木材の表面保護や艶出しのためにワックスとして使われます。
化学塗料と違って木材の呼吸を妨げないので、木が本来持つ調湿機能を損なわず表面を保護できるという特徴があります。

また、100%天然成分で作られている商品も多く、そうしたものであれば万一口に入っても安全なので、赤ちゃんやペットのいる家庭の家具や床のワックスとしても人気があります。

 

管理人
管理人が選んだのも100%天然素材の「天然 国産みつろうクリーム」というもの!
商品の基本情報をまとめておきますので、参考にしてくださいね。
ものしり
商品名 天然 国産みつろうクリーム 木工用
成分 蜜蝋、菜種油、亜麻仁油、椿油、ヒバ油
用途 木製品等の保護と艶出し
正味量 60g、200g
参考価格※1 60g:980円(税込)、200g:1,780円(税込)

※1 2020年8月現時点のAmazonでの価格です。変更の可能性があります。

 

 

みつろうクリームでボロボロのテーブルをワックスがけしたレビュー

いざ、みつろうクリームでワックスがけ!

こちらが、みつろうクリームでワックスがけを試すテーブル。

 

ボロボロ&ガザガザ…

 

子供が生まれたときに無印良品で買ったオーク材のもので、ミルクの調乳も、離乳食を食べさせるのも、家族一緒のものを食べられるようになってからの食事も…全部このテーブルでしてきました。

 

管理人
思い出が詰まっているので、復活してくれたらいいなという気持ちを込めながら、みつろうでワックスしたよ。

 

下準備:水拭き

みつろうクリームを塗る前に、水拭きをして汚れを落としていきました。

 

脚や天板の裏も塗りたいので、全て水拭き。

 

ついでに椅子にも塗ろうと思い立ち、こちらも水拭き。

一通り水拭きしてきれいになったら、30分ほどそのままにして水分を飛ばしました。

 

ワックスがけ:「国産 みつろうクリーム」を塗る

こちらが、Amazonから届いた「国産 みつろうクリーム 木工用」。
管理人は、なんとなく200g入りのものにしました。

 

開けると、こんな感じの黄色のクリームが。

 

みつ"蝋(ロウ)"と言うだけあって硬めのテクスチャ。
リップクリームみたいな感じというとわかりやすいでしょうか。

このみつろうクリームを、食器用スポンジを使って塗ってみました。

 

表面をスポンジでなぞってクリームを少しだけとります。
塗りすぎるとベタベタになるので、少しずつ、様子をみながら量を調節するのがポイントです。

 

スポンジにとったみつろうクリームをテーブルにくるくる。
手がふっと軽くなる瞬間があるので、そこまで塗り込んでいきました。

 

ちなみに、クリームはヒノキのような独特の香りがしましたが、個人的には嫌な感じはしませんでした。
ヒノキ風呂が平気な方なら問題ないんじゃないかと思います。

画像の下側が塗ったところです。
少し色が濃くなってしっとりしているのがお分かりいただけるでしょうか?

 

この要領で、天板の裏や脚、椅子全てに塗っていきました。

夫と二人で塗りましたが、30分以上やっていた気がします。
塗る面積が広いので、結構大変でしたが、塗ること自体にコツはあまりないので心配いらないです。

 

管理人
塗る面積が広い場合は、車のワックススポンジなど大きなもので塗ると楽かも。

 

ちなみにですが、テーブル全体と椅子4脚に塗ってもこれしか減りませんでした。

 

ものしり
試しに一回塗ってみたいなら、60gの方を買ってもいいかもしれませんね。

 

仕上げ:乾拭き

塗り終わったら、乾いた布で拭いて作業は終了。

 

ものしり
乾拭きしないとホコリがついてしまうので気をつけて下さいね。

 

この時点で、そこまでベタベタすることはなくしっとりした手触りでした。
半日もすると、ベタベタは完全になくなり、次の日には独特の香りも消えていました。

 

ボロボロ&ガサガサのテーブルがしっとりに!

みつろうクリームを塗る前と塗った直後の比較画像がこちら。

 

管理人
…わかりにくい!

 

実際に見るとこの時点でも、ガザガザ感が少なくなってしっとりした感じなんですが、画像だとイマイチ変化ないですね…

わかりにくいので、後日また撮影した画像がこちら。

 

塗る前より色が少し濃くなって、光沢が出ている感じがお分かりいただけるでしょうか?

捨てようかと迷うほどボロボロでしたが、この見た目なら"味がある感じ"としてまだまだ使えそうです。

 

管理人
労力はかかったけど、塗り方は簡単だったし、やってよかった!!

 

 

諦めないで!みつろうクリームで再生!

 

今回のみつろうクリームによるテーブルの再生、
管理人的には大満足の仕上がりになりました。

家にボロボロになってもう捨てようかと迷っている家具がある方、捨てる前に、ぜひみつろうクリームを塗ってみて下さい。

再生できる可能性は、大いにあると思います。

そして、みつろうクリームには、保湿や艶出しによる家具の再生効果はもちろん、水や汚れを弾いてくれるワックスとしての効果もあります。
再生してしまえば、また長く愛用できるようになるはずです。

管理人も、テーブルを定期的にみつろうクリームでメンテナンスして、これからも大事に使っていきたいと思います!

 

まとめ

  • 様子を見ながら少量ずつ塗れば、綺麗に塗れる
  • 塗る面積が広い場合は、大きなスポンジなどで塗ると楽
  • 檜のような香りがするが、次の日には消える
  • 少量で広い面積を塗れるので、コスパが良い
  • かなりボロボロの家具でも再生してくれる!

 

管理人
他の家具にも試してみよ♪

 

-くらし
-,

© 2021 主婦の買い物帳 Powered by AFFINGER5