くらし

【origamiのカップ比較】ラテボウルvsアロママグ!【口コミ】

『バリスタ仕様のコーヒー用品』を製造販売しているorigami(オリガミ)。

管理人はバリスタではありませんが、自宅でorigamiの『ラテボウル』と『アロママグ』というカップを愛用しています。

 

管理人
今回は、このorigamiラテボウルとアロママグの比較をしていくよ。

 

 

「origamiのカップが欲しいけどどれを選んだらいいかわからない」
という方はもちろん、
素人目線でそれぞれの長所や短所を比較していきますので、
「自宅で本格的なコーヒーカップを使いたい!」
という方にも参考にしていただけると思います。

 

ものしり
ラテボウルとアロママグ、それぞれについて詳しくレビューしている記事もあるので、あわせてご覧下さいね↓

 

【origamiのラテボウル&ソーサー】自宅でカフェ気分になれるコーヒーカップ

管理人夫婦はコーヒーが大好きです。 我が家には手動と電動のコーヒーミルがありますし、より手軽にいれられるようにネスプレッソもあります。 さらに、経済的に済ませたい時にはインスタントコーヒーも飲みます。 ...

続きを見る

 

【origamiアロママグ】は家庭用にもおすすめ!香り高いコーヒーを!

「バリスタが使いたくなる本格的なコーヒー用品の制作販売」をコンセプトにした日本のメーカー『origami(オリガミ)』。   管理人管理人はバリスタじゃないけど、家でorigamiのラテボウ ...

続きを見る

 

この記事でわかること

  • origamiのラテボウルとアロママグの違いは?
  • origamiのラテボウルとアロママグ、家庭で使いやすいのはどっち?

 

origamiラテボウルとアロママグを比較

管理人が愛用しているorigamiのカップ『8オンス ラテボウル』と『アロママグ』を比較レビューしていきます。

カラー

  • ラテボウル(8oz)…全16色(ホワイト、ピンク、レッド、オレンジ、イエロー、ターコイズ、ネイビー、ブラウン、ブラック、パープル、グリーン、マットベージュ、マットグレー、マットピンク、マットグリーン、マットブルー)
  • アロママグ…全19色(ホワイト、ピンク、レッド、オレンジ、イエロー、ターコイズ、ネイビーブラウン、ブラック、パープル、グリーン、ヴィンテージホワイト、ヴィンテージレッド、ヴィンテージブルー、マッドベージュ、マットグレー、マットピンク、マットグリーン、マットブルー)

 

 

どちらもorigamiらしい優しく温かみのあるカラーバリエーションです。
色数が多く、ツルツルタイプとマットタイプも用意されているので、お好みのものを見つけやすですよ。

好みは人それぞれなので、色の違いでこっちがおすすめ!というのはありませんが、ヴィンテージカラーはアロママグだけなので、そこだけ注意して下さい。

 

コンセプト

  • ラテボウル(8oz)…美しいラテアートが描ける
  • アロママグ…コーヒーの香りを楽しめる

 

ラテボウルは飲み口が広く、コントラストの効いた美しいラテアートを描けるようにつくられています。

 

 

一方、アロママグは、ワイングラスのように飲み口がすぼまっていて、コーヒーの香りをカップ内でひきだし、外へ逃しません。

 

 

一般人がラテアートをすることはまずないので、家でコーヒーを楽しむなら、アロママグの方がおすすめです。

 

管理人
アロママグに入れたコーヒーは、確かに香り高くて美味しく感じるよ!

 

ただ、ラテボウルは必ずラテアートをしなければいけないものというわけではありません。
普通にコーヒーを入れてもいいですし、口が広いのでスープなどを入れればスプーンですくいやすく便利です。

 

ものしり
汎用性が高いのはラテボウルの方ですね。

 

容量

  • ラテボウル(8oz)…250cc
  • アロママグ…320cc

 

容量はアロママグの方が多いです。
こまめにコーヒーを淹れなおす方ならどちらでも構いませんが、管理人は家事や仕事の合間に一気にたくさんコーヒーを入れてたっぷり飲みたいので、大容量のアロママグの方が気に入っています。

 

管理人
たくさん飲みたい方にはアロママグの方がおすすめ。セブンイレブンのLサイズコーヒーよりもたくさん入るよ!

 

飲み口

  • ラテボウル(8oz)…厚め
  • アロママグ…薄め

 

ラテボウルの飲み口は厚めにつくられていて、口につけた時に心地よくコーヒーをすすることができます。

 

 

アロママグの飲み口は、一般的なコーヒーカップと同じくらいで、ラテボウルより薄いです。

 

管理人
好みによると思うけど、管理人はラテボウルの厚い飲み口の方が飲みやすく感じるよ!

 

持ち手

ラテボウル(8oz)…せまい
アロママグ…広い

 

ラテボウルの持ち手はせまく、女性の管理人でも指一本しか入れることができません。
片手で持とうとすると指1本で250g+コーヒーの重さを支えることになるので、重く感じます。

 

一方、アロママグの持ち手は広く、指3本を入れて、親指と小指で上下をしっかり支えることができます。
片手でも楽々持ち上げられるので、パソコンで作業しながら…お菓子を食べながら…何かしながらでもコーヒーを飲みやすく便利です。

 

管理人
持ちやすさはアロママグに軍配!

 

温め

  • ラテボウル(8oz)…電子レンジ可
  • アロママグ…電子レンジ可

 

どちらも電子レンジでチンすることができます。

コーヒーを入れた上から冷たい牛乳を注いでチン!や、冷たいスープを入れてチン!なんてことができるので家庭で使うにはとても便利です。

 

お手入れ

  • ラテボウル(8oz)…食洗乾燥機可
  • アロママグ…食洗乾燥機可

 

どちらも食洗機対応です。

他の食器と一緒に自動で洗えてしまうので、ありがたいです。

 

収納

  • ラテボウル(8oz)…重ねられない
  • アロママグ…綺麗に重なる

 

ラテボウルを重ねようとすると、こんな感じで崩れてしまいます。

 

一方、アロママグは、底が飲み口にピッタリとはまるので綺麗に重ねることができます。

 

 

アロママグは綺麗に収納することができて便利です。

 

ものしり
アロママグは見せる収納にもぴったりです!

 

専用ソーサー

  • ラテボウル(8oz)…あり
  • アロママグ…なし(廃盤)

 

ラテボウルには専用ソーサー(700円〜)がありますが、アロママグは廃盤になって現在はありません。

 

 

ソーサーとセットで使いたい場合は、必然的にラテボウルを選ぶことになります。

 

値段

  • ラテボウル(8oz)…1,100円〜
  • アロママグ…1,300円〜

 

値段はカラーによって異なりますが、どちらも1,000円ちょっと〜です。

個人的には、プロ仕様でおしゃれなカップをこの値段で買えるならお得なんじゃないかと思います。

 

管理人
ラテボウルとアロママグで値段差はほとんどないよ。

 

 

 

まとめ

 

結論

コーヒーカップとしての使いやすさを求めるなら『アロママグ』がおすすめ!

コーヒーカップ以外の使い方もしたいなら『ラテボウル』がおすすめ!

 

管理人はコーヒーカップとして使うために購入したので、アロママグの方が使い勝手が良く気に入っています。
でも、見た目はラテボウルのコロンとしたフォルムの方が好み。

…ということで、どちらも買ってよかったです!笑

 

ラテボウル(8oz)とアロママグの大きな違い
ラテボウル(8oz) アロママグ
カラー 16色 19色
コンセプト ラテアートを楽しむ コーヒーの香りを楽しむ
容量 250cc 320cc
飲み口 厚くてすすりやすい 普通
持ち手 せまくて持ちにくい 広くて持ちやすい
専用ソーサー あり なし(廃盤)
収納 重ねると崩れる 綺麗に重なる

 

Origamiには今回比較したラテボウルとアロママグ以外にも色々なコーヒーカップがあります。
ラテボウルやアロママグより気に入るものが見つかるかもしれないので、一度、目を通してみてくださいね↓

 

 

管理人
Origamiのカップで、素敵なコーヒータイムを♪

 

※記載している情報は全て2021年1月現在のものです。

-くらし
-,

© 2021 主婦の買い物帳 Powered by AFFINGER5